So-net無料ブログ作成

真田丸28話「受難」秀次の最後のネタバレと感想 [脚本ネタバレ]

秀次は信繁の願いを無視して高野山の青厳寺に出立して
いました。
これで、すべてを内々に治め、天下を収める豊臣家の揺る
ぎなさをしめそうと思っていた秀吉ですが、その願いすら無
駄になってしまいます。
28話秀次の最後.png
自分の力ではなく権力を手に入れた人物はどうしても秀次
のようなストーリーになってしまいますね。

←真田丸「受難」呂宋助左衛門のネタバレと感想はこちら・・・

真田丸28話「受難」秀次の最後


実際はとても心優しく周りの人たちからも好かれているの
かもしれませんが、大局的な考え方や行動ができなくなっ
てしまうのでしょうか?

秀吉・・・「高野山には、わしの命令で蟄居させたことにし
よう。謀反の疑いありと。

ひと月ほど謹慎させてから、疑いが晴れたことにして連
れ戻す」

秀吉の意向を伝えるための使者は秀次と幼馴染の福島
正則が選ばれました。

この選択は正しい秀吉の心配りのある使者ですね。

ご承知の通り秀吉と寧の間には子はいませんでした。
ですので、寧は秀吉が天下人になる前から若者を受け入
れて育てていました。

秀次も正則も同じ環境で育てていたのです。

ですので正則が秀吉の真の報告をすればわかるはずだ・・
と秀吉は思ったのでしょう。

秀吉と秀次の関係は諸説ありますが、三谷さんの真田丸
は二人の心の葛藤を見事に描いていると思います。

一方、秀次の想いは・・・

秀次・・・「叔父上は、私を油断させて捕らえる腹か」との想
いが強くなっています。

完全に人間不信になっていますね。独りよがりです。

関白の職位を考えず叔父と甥の関係でしか考えていないの
ですね。

これでは日の本の政を行うことはできません。
まず自分を優先してしまう、やはり自らの力で権力を手にした
人間でない方の姿ですね。

解決しないで悪い方向に行ってしまう。

そして、信幸が一瞬、目を離した隙に秀次は割腹し自害しました。

この事件は、豊臣組織力の軟弱を全国の武将にさらけ出してし
まいます。

特に真田昌幸は天下が乱れると予測し、徳川家康は次のチャン
スを狙うキッカケになりました。


この事実を受けて秀吉は怒ります。この怒りは当然だと思います。

もちろん豊臣の将来を考え、日の本の政も考えれば早とちりで
自分勝手な行動に秀吉は怒ったのです。

秀吉・・・「人の情けを踏みにじりおって」

当然、秀次の首は三条河原にさらさすようにと三成に命令し、
子どもも妻もことごとく殺せと命じるのです。

しかし、これはあまりにも無慈悲な仕打ちで秀吉が乱心した
のかと思うにちがいないと、三成は自らの手で聚楽第から連
行し三条河原にて処刑した。とあります。

真田丸では三成が自ら泥をかぶったことになっていますが、
もちろん
秀吉の命なくしてこのような残虐な行為はなかったはずです。

秀吉の「可愛いさ余って憎さ百倍」の行為かもしれませんが、
この無慈悲な仕打ちは秀吉の考える能力が失ってきた証で
しょう。

一人の優れた武将、立身出世の秀吉も老いは身体だけでなく、
心や脳にもその老いが襲ってきています。

そして、真田丸の信繁と信幸の運命もこの老いた天下人の
行動にかかってきているのです。

⇒真田丸29話「異変」に続く・・・



14話大阪編からのキャスト (武将達)のまとめはこちらから

⇒真田丸14話大阪編からの ネタバレのまとめはこちら


■第15話からの視聴率はこちら・・・


⇒1話~13話のキャスト (武将達)のまとめはこちらから

⇒いままでのキャスト (戦国武将の女衆)のまとめはこちらから

⇒いままでのキャスト (俳優・女優)のまとめはこちらから

⇒いままでの ネタバレ(あらすじ)のまとめはこちらから

⇒いままでの 視聴率のまとめはこちらから


スポンサードリンク




高級化粧品
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。