So-net無料ブログ作成

真田丸のキャスト情報、戦国武将の本多忠勝=真田信幸の義父 [キャスト(武将)]

【本多忠勝】
徳川氏の家臣です。
本多忠勝.jpg
生まれ:天文17年2月8日(1548年3月17日)~
慶長15年10月18日(1610年12月3日)


幼い頃から徳川家康に仕え、永禄3年(1560年)13歳の時に
桶狭間の戦いの前哨戦である大高城兵糧入れで初陣します。
このとき、同時に元服しました。

【家康とともに】
人質時代から家康とともに苦難を一緒に乗り越えてきた
兄弟以上の関係で生涯を過ごします。

数々の戦いで目覚ましい活躍を見せますが、

長篠の戦い終了後は、どこか物憂げであり、家臣がその訳を尋ねると、
「武田家の惜しい武将達を亡くした」と思っている、と言います。

本能寺の変に際しては、
堺を遊歴していた家康に岡崎城への帰還を進言し、
共に伊賀越えの危地を切り抜けました。

小牧・長久手の戦いでは、
わずか500名の軍勢を率いて秀吉自ら率いる8万の大軍と対峙し
ています。

秀吉の家臣、加藤清正・福島正則らが忠勝を討ち取るべしと進言します。

しかし、忠勝の姉川での勇猛ぶりを聞き知っていた秀吉は目に涙を浮かべ

「わざと寡兵で我が大軍に勇を示すのは、我が軍を暫時喰い止めて家康の軍を
遠ざけるためであろう。
徳川家を滅ぼした際には彼を生け捕って我が家人にすべきなり」
と忠勝を討ち取ることを禁じたそうです。

秀吉・家康が和睦した後に秀吉に召しだされたとき・・・

「秀吉の恩と家康の恩、どちらが貴殿にとっては重いか」と質問されると、

「君のご恩は海より深いといえども、
家康は譜代相伝の主君であって月日の論には及びがたし」
と答えたそうです。さすがですね。


スポンサードリンク






家康が豊臣政権に臣従したのち、
娘の稲(小松殿)が真田信幸に嫁ぐことになります。

以降、忠勝真田家と親交を深めていきます。

家康の関東入封後、上総大多喜(かずさおおたき)10万石を与えられ、
重臣としての立場を固めます。
家康より6年早く亡くなっています。


忠勝役のキャストを務めるのは「藤岡弘」さんです。
藤岡さんは道場で毎日真剣で修行をしているそうです。

自分の本鎧も持っているので、
他の出演者と同じ撮影用のものでは軽く感じてしまう。

全部で30キロは超えますが、
その重みを体で感じてこそ、本物の侍のような気持ちになりきれると
思います。と述べていました。


⇒いままでのキャスト (武将達)のまとめはこちらから

⇒いままでのキャスト (戦国武将の女衆)のまとめはこちらから

⇒いままでのキャスト (俳優・女優)のまとめはこちらから

⇒いままでの ネタバレ(あらすじ)のまとめはこちらから

⇒いままでの 視聴率のまとめはこちらから


スポンサードリンク




高級化粧品
タグ:本多忠勝
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。